多くの取扱会社で、手数料無料化を実現 取引会社FX くりっく365 には、約定力があります!

くりっく365は約定力に優れています!

マーケット・メイカーが豊富な流動性を提供するので、大口の注文もしっかり約定

国内外の主要な金融機関であるマーケット・メイカー(MM)は、豊富な流動性を供給します。さらに発注上限枚数は、500枚/1取引。大口のご注文にも十分対応可能。 また、取引可能な数量はリアルタイムで表示されるので、数量を確認しながら安心してお取引ができます。

MM:マーケット・メイカー。現在「三菱東京UFJ銀行」「野村証券」「ドイツ証券」「コメルツ銀行」「ゴールドマン・サックス証券」「バークレイズ銀行」の6社

取引所FX「くりっく365」には、約定拒否などありません※1。

くりっく365は公的な取引所を介したFX。MMが提示する数量の範囲内であれば注文は即座に約定します。急な相場の変動等でMMに不利な状況が発生したからといって、MMが相場の状況を見極めた後、恣意的に約定を拒否(リジェクト)するようなことはありません

  • ※1 注文の伝達に係る時間の経過の間にMMの提示レートが、投資家の皆様に不利な方向に変わり、投資家の皆様が設定する許容値幅を超えた場合には約定しません。また、発注枚数がMMが提示する数量を超えた部分については約定しない場合もあります。

くりっく365の有利なスリッページに制限はありません!

スリッページ設定幅に関係なく、最も有利な価格で取引成立

投資家の皆様にとって有利なスリッページが発生した場合、スリッページの許容幅に関係なく、MMが提示する最も有利な価格で取引を成立させます。

くりっく365は手数料無料化を実現しました※2!

手数料を気にすることなく、お取引ができます。

2013年10月より取引振興策を導入し、取引所取引では画期的な手数料無料化を実現しました。現在、多くの取扱会社で、くりっく365の取引手数料は無料となっています。

  • ※2 全ての取扱会社で手数料が無料化されている訳ではありません

くりっく365は全24通貨ペアで、魅力的なスプレッドを提供

大手店頭業者では取引できない通貨ペアも。

ポーランド・ズロチやスウェーデン・クローナ、ノルウェークローネといった大手店頭FXでは取引できない通貨もあります。また、香港ドルや南アランドなどでは、大手店頭FXと比べ競争力のあるスプレッドを提示。

安心・透明・信頼のくりっく365

安心・信頼の取引制度

くりっく365は、公的な取引所に上場されたFX。皆さまの証拠金は、全額取引所に預託され、分別保管。

透明な価格提供の仕組み

各MMが提示するレートから、最も有利な価格を取引所がピックアップし提示。

堅牢な取引所システム

大規模災害も想定し、バックアップサイトを構築。また、システム障害に備え、売買サーバーを冗長化。

MMが豊富な流動性を提供するので、大口注文もしっかり約定!

国内外の主要な金融機関であるMMは、豊富な流動性を供給しています。くりっく365ではレートだけでなく取引可能な数量も提示しています。(くりっく365取引の仕組み)。
さらに、発注上限枚数は、主要通貨で500枚/1取引なので、大口注文も十分対応可能です

取引可能枚数はリアルタイムで明示

買気配 売気配
102.770
(1100)
102.790
(900)

(例)

いくらレートが良くても、そのレートでどれ位の数量が取引可能か分からないと不安になる投資家の方もいらっしゃるのではないでしょうか。透明性の高い「くりっく365」なら、取引可能な数量をリアルタイムで明示しているので、安心してお取引ができます。

発注後、しばらくたってから、結局約定しなかった経験はありませんか?

相場変動時や主要指標発表時などに、注文後すぐに約定することなく、通常より時間がかかった。さらに、結局約定できなかった旨の通知(約定拒否)を受け取った経験はありませんか?
くりっく365では、MM(マーケットメイカー)が提示するレートでお取引頂く仕組み(下図)ですが、相場変動時にMMが注文をホールド(注)し取引成立の可否を判断するようなことはありません。MMはレートとともに、取引可能な数量を提示しており、その数量の範囲内であれば、注文伝達に係る時間経過に起因するレート差異が発生しない限り、注文は即座に約定します※1。

(注) ホールド:相場が変動し不利な状況が発生した場合、すぐに注文を成立させず、相場動向を見極めるために時間をかけること。

※ 1注文の伝達に係る時間の経過の間にMMの提示レートが、投資家の皆様に不利な方向に変わり、投資家の皆様が設定する許容値幅を超えた場合には約定しません。また、発注枚数がMMが提示する数量を超えた部分については約定しない場合もあります。

くりっく365取引の仕組み

くりっく365取引の仕組み

有利なスリッページに制限はありません!

発注から取引所システムにその注文が到達する間に、MMの提示レートが変わることがあります。投資家の皆様に有利な方向に変わった場合(有利なスリッページ)、投資家の皆様が設定されたスリッページの許容幅※に関係なく、無制限にマーケットメイカーが提示した有利な価格で取引が成立します。仮に許容幅の設定がない場合(指値)でも同様です。逆にMMの提示レートが、投資家の皆様に不利な方向に変わり(不利なスリッページ)、投資家の皆様が設定する許容幅を超えた場合には約定しません。

これは「くりっく365」が、その時の最も有利な価格をそのまま投資家の皆様に提示する、透明な価格提供メカニズムを採用しているからできることです(透明な価格提供の仕組みについては、こちら)。

※ スリッページの許容幅の設定は、各取扱会社システムごとに違います。詳しくは各取扱会社にお問い合わせください。

有利なスリッページ(買注文)の場合

有利なスリッページ(買注文)の場合

不利なスリッページ(買注文)の場合

不利なスリッページ(買注文)の場合

取引所取引で手数料無料も

一般的に取引所取引には手数料がかかります。しかし、取引所FX「くりっく365」では2013年10月より取引振興策を導入し、取引所取引では画期的な手数料無料化を実現しました。※2

これにより、
取引毎に固定的に徴収されていた手数料がなくなり、手数料を気にすることなく取引できるようになりました。

※2 全ての取扱会社で手数料が無料化されている訳ではありません

取引振興策の仕組み

  1. 取引所が、取扱会社に取引振興料(上限108円/枚)を交付。
  2. 取扱会社において、手数料無料化(大幅引下げ)が実現。
  3. その原資として、取引所はマーケットメイカー(MM)の手数料を108円/枚引上げ。

    取引振興策の仕組み

  4. 理論上、MMは手数料が上がった分、スプレッドを広げる(2銭)ことになります。

但し、レートは瞬時に変化するものです。また、注文手法によってスプレッドの広がりによる影響度合いを抑えることができます。

手数料無料化で税金は???

手数料無料化を実現するために、上記のようにMMからの手数料を引き上げました。取引コストの上がったMMは、その分スプレッドを広げるため、無料化実現前後に同じ相場で取引を行った場合、実現後において投資家の利益はスプレッド拡大分だけ減少します。
仮に、スプレッド拡大幅=手数料低下額(無料化)とすると、手数料無料化前後において手数料控除後の課税所得に変化は無い計算になります。

例)$=¥100.00で1枚($10,000)買建て、10銭円安に相場が動いた場合(手数料は¥200/往復⇒無料)

多様な通貨ペアでお取引

くりっく365では多様な通貨ペアでのお取引が可能ですが、中には大手店頭FX業者では取引できない通貨もあります。

手数料無料化の上に、香港ドル南アフリカランドといった通貨においては、
大手店頭FX業者と比べても競争力のあるスプレッドを提供しています。

  • ※1 くりっく365は固定スプレッド制ではありませんので、当該期間の平均を採用しています。スプレッドは市場環境等により変動します。
  • ※2 南ア・ランド/日本円は7社、香港ドル/日本円は4社を対象としています。他社数値は、2014年3月18日時点で、各社が公表している最新のスプレッド最頻値実績または原則固定値を基にしています(自社調べ)

安心・信頼・透明の取引所FXくりっく365について

「くりっく365」には、公的な取引所のFXとして、取引コストだけでは測れない『安心・信頼・透明』のメリットがあります。

堅牢で先進的な取引システム

大規模災害等により、取引所システムのメインセンターが使用不能となった場合でも、バックアップサイトの稼働により、継続して取引所システムのサービスを提供することができます。

取引所システムはメインセンター、バックアップサイトともに国内最高水準のデータセンターに設置

  • 大規模災害等が発生した場合でも同時被災しない立地環境
  • 最先端のセキュリティと堅牢な設備を完備(FISC安全対策基準※に準拠)

※ 公益財団法人金融情報システムセンター(FISC)が策定する金融機関等のコンピュータシステムに関する安全対策の基準であり、コンピュータシステムの安全対策を実施する際の具体的指針として広く利用されています。

大規模災害等でメインセンター使用不能時でも、取扱会社からの注文をバックアップサイトで処理

  • バックアップサイト稼働時には、取扱会社で受け付けられた投資家の皆様の取引は、バックアップサイトで受けることができる仕組みになっています。

※ 大規模災害等の発生時には、取扱会社が投資家から委託を受けられない等の不測の事態が発生する可能性があります。

売買サーバに障害が発生しても、直ちにサーバが切り替わります。

サーバの冗長化

  • 万一、売買サーバに故障が発生しても、取引を停止せずに売買サーバを切り替え、取扱会社からの注文を受けることができる仕組みになっています。

※ 冗長化とは・・・代替用の設備を用意しておき、障害等が発生した場合にも、サービスを継続的に提供できるようにシステムを構築すること。

大規模災害等によりオフィスが大きな被害を受け事業の中断を余儀なくされた場合などに備えて、取引所は代替オフィスを確保しています。

大規模災害等により、取引所オフィスが大きな被害を受け、継続的な使用が不能になった場合等に備え、取引所は代替オフィスを確保しています。

  • 万一、取引所オフィスが使用不能となっても、取引所は代替オフィスの稼働により、市場の運営・管理を行うことができます。

取引推進策を実施している取扱会社一覧

取扱会社名(五十音順) 取引推進策の 紹介リンク先 連絡先・受付時間
岩井コスモ証券 取引推進策の紹介リンク先 0120-31-8611
平日8:00~17:00
インヴァスト証券 取引推進策の紹介リンク先 0120-729-365(サポートセンター)
午前8時~午後9時(土日、元日除く)
株式会社FXブロードネット 取引推進策の紹介リンク先 0120-997-867
午前9:00~午後5:00
(土曜・日曜・インターバンク市場休場日を除く)
岡三オンライン証券 取引推進策の紹介リンク先 0120-503-239(コールセンター)
(携帯電話の場合:03-5646-7532)
平日8:00~17:00(年末年始を除く)
岡安商事 取引推進策の紹介リンク先 0120-78-1156(カスタマーセンター)
平日8:00~19:00
カブドットコム証券 取引推進策の紹介リンク先 フリーコール 0120-390-390 携帯・PHS 03-6688-8888
自動音声応答【24時間】
オペレーター受付【平日8時~17時】
GMOクリック証券 取引推進策の紹介リンク先 0120-727-930
携帯電話・PHSからは03-6221-0190
月曜 午前7:00~土曜 午前7:00
(米国夏時間は6:00まで)
住信SBIネット銀行 取引推進策の紹介リンク先 0120-974-646/03-5363-7372(カスタマーセンター)
平日9:00~19:00/土・日・祝日9:00~17:00
(12/31、1/1~1/3、5/3~5/5を除く)
大和証券 取引推進策の紹介リンク先 0120-20-7337
平日9:00~18:00
立花証券 取引推進策の紹介リンク先 カスタマーサービス
0120-66-3303 (携帯・PHSからは03-5652-6221)
平日8:30~17:00 (土日祝日を除く)
野村證券 取引推進策の紹介リンク先 0120-142-855(野村ネット&コールカスタマーサポート)
(IP電話などからは 045-522-3500)
平日8時40分~20時00分
土日9時00分~17時00分(祝日・年末年始を除く)

※ 電話番号の前に186(電話番号通知)をダイヤル(プッシュ)していただくことでご利用いただけます。

FXトレーディングシステムズ 取引推進策の紹介リンク先 FX専用ダイヤル
フリーダイヤル 0120-324-395
平日 9:00~17:00
豊商事 取引推進策の紹介リンク先 0120-365-281(お客様サポートデスク)
元日を除く月7:00~土7:00

※ リンク先は各取扱会社のHP内のページとなります。 リンク先の内容に関する 問合せは、各取扱会社へお願い致します。

「くりっく365」のリスクについて、詳しくはこちらをご覧ください。

pagetop