特徴とメリット

くりっく365

くりっく365ラージ

証拠金は全額金融取へ

「くりっく365」の取扱会社は、法令により、投資家の皆様からお預かりした証拠金の全額を、金融取に預託することが義務付けられています。
預託された証拠金は全額金融取が保管しており、取扱会社が万一破綻したような場合でも、皆様の証拠金は原則として、保全される仕組みになっています。

証拠金の流れ

くりっく365以外(店頭FX取引)の場合は、証拠金を預けた取引会社によって(分別)管理されます。

ご参考 取扱会社の事業譲渡による建玉移管について

取扱会社がくりっく365の取扱を終了し、事業譲渡により他の取扱会社に建玉が移管された場合、金融取は投資家の利便の観点から、移管建玉がシステム統合などで原則強制決済されないよう譲受取扱会社を指導しております。

  1. 「事業譲渡による取扱会社間の建玉移管」は、事業譲渡契約により定められた譲渡の効力の発効により、顧客取引に係る権利義務が譲渡会社から譲受会社に移転することにより完了します。建玉移管後の「譲受会社におけるシステム間の建玉の移動」は、取扱会社のシステム運営の問題であり、金融取の所掌外のことではありますが、投資家の皆さまの利便の観点から、原則として強制決済されないよう譲受取扱会社を指導しております。
  2. 尚、金融取の規程(業務方法書第91条第2項)に「建玉移管はできないものとする」という記載がありますが、「投資家が、任意に取扱会社Aにおいて保有している建玉を取扱会社Bに移管することを要望してもできない」という意味であり、取扱会社の事業譲渡の場合には、上記①のとおりです。

取扱会社を厳選・金融取の自主規制部門が取扱会社をチェック

「くりっく365」を取り扱うことができるのは法令等の基準に加え、金融取の規則に基づく厳格な資格要件を満たした会社だけです。
さらに、取扱会社となった後も、金融取の自主企画部門が取扱会社をモニタリングしています。
「くりっく365」では、信頼度の高い取扱会社で取引していただくことができます。

取扱会社資格要件(一例) 金融商品取引業者要件(一例)
資本金 3億円以上 5,000万円
純資産 20億円以上 -
自己資本規制比率 200%以上 120%

金融取の自主規制部門が取扱会社をチェック

  • 独立した自主規制委員会の決定に基づき、金融取の自主規制部門が取扱会社をモニタリング!
  • 金融取には、法令や金融取規制に反した取扱会社に対して、自主規制委員会の決議に基づき処分等の措置をとる権限も法令により認められています。

透明な価格提供の仕組み

「くりっく365」は、外国為替市場における複数の主要金融機関(マーケットメイカー)から価格の提供を受け、この中から、その時点において最も有利となる価格をシステムで自動的に合成し、そのままの価格を取扱会社を通じて投資家の皆様に提示しています(※1)。

価格表示の具体的なイメージ

  • ※1 レート提示を行うマーケットメイカーの数は通貨ペアによって異なります。

くりっく365以外(店頭FX取引)の場合は店頭FX会社により提示された価格での取引を行います。

豊富な流動性(提示された数量)を明示

  • くりっく365では、どんな価格で、どれくらいの量の取引が可能かをリアルタイムで表示!
  • 豊富な流動性を提供できるのは、多くのマーケットメイカーがサポートしている取引所FX「くりっく365」ならでは!(※2)

価格表示の具体的なイメージ

  • ※2?全てのマーケットメイカーが全上場通貨ペアに対して、レート提示を行うものではありません。

「くりっく365」なら、不自然なスリッページが発生することはありません

為替相場の瞬時の変動により、注文時に表示されていた価格又は注文時に指定した価格と異なる価格で取引が成立する事象をスリッページと呼びます。
「くりっく365」では、マーケットメイカーの提示した価格を、そのままの価格で投資家の皆様へ提示しています。従って、「くりっく365」は、投資家に不利なスリッページばかりが発生するような恣意的なことは起こり得ない仕組みとなっております。(※3)

  • ※3 相場の急激な変動時等には、インターバンクマーケット等での取引数量が少なくなることから、スプレッド幅が広くなったり、買気配または売気配が提示されずに投資家の皆様が取引を行えない等の不測の事態が発生する可能性があります。

スワップポイントは一本値

店頭FXでは、スワップポイントの受取額より支払額を大きく設定している場合があります。
一方、くりっく365では、金融取も取扱会社もスワップポイントから支払額と受取額の差益を得ない仕組みを採用し、受取額と支払額を同額(一本値)に設定しています。(※4)

「くりっく365」と店頭FXのスワップポイントのイメージ

  • ※4 「くりっく365」のスワップポイントについては、全ての店頭FXと比較し、常に受取額が多い、または支払額が少ないということではありません。

税制の取扱い 課税の優遇措置

「くりっく365」では、個人投資家の皆様は取引によって発生した売買益およびスワップポイントによる利益(以下、「利益」)、および取引によって発生した売買損およびスワップポイントによる損失(以下、「損失」)に対して、 税法上の損益通算を受けることができます。
FXで発生した利益は、個人の場合は、原則雑所得として課税対象となります。反対売買等により、毎年1月~12月までの間に確定した損益を通算して、利益となった場合には、利益の合計額から売買手数料などの必要経費を控除した額が課税対象になります。なお、年間の取引の結果生じた利益を含め、給与所得及び退職所得を除く各種の所得金額の合計額が、20万円を超えた場合に、確定申告が必要となります。(※5)

※5取引所FX、店頭FXに関わらず全てのFX取引は、その利益について確定申告が必要です。詳細及び確定申告にあたっては、税理士又は税務署にお問い合せ下さい。

税率は申告分離課税にて一律20%

「くりっく365」での利益は申告分離課税の対象となり、税率は、所得に拘わらず一律20%になります。

※ 東日本大震災からの復興財源を確保するため、平成25年から平成49年まで(25年間)、追加的に課税され、税率は20.315%となります。

例:給与収入における課税所得700万円の人がFXで100万円の利益が発生した場合のトータル税額(所得税+地方税)の比較

※1 195万円×15%+135万円×20%+365万円×30%+5万円×33%
※2 100万円×20%(一律申告分離課税)

他の取引所上場先物取引との損益通算が可能

所得税を計算するときに「くりっく365」は、先物取引である、くりっく株365、金(きん)先物といった商品先物取引や、TOPIX先物といった証券先物取引、店頭取引との損益を差し引き計算することができます。これを損益通算といいます。例えば、「くりっく365」で利益が出た場合でも、他の先物取引で損失が出ていれば、両者の損益を通算することにより、節税ができるということです。

3年間の損失繰越控除が可能

「くりっく365」の取引で損失が出た場合、損益通算を行った結果、その年に控除しきれない損失額が発生したようなケースでは、その損失を翌年以降3年間にわたって、「くりっく365」や「くりっく株365」、その他の先物取引で発生した利益から控除することが出来ます。
損失の繰越控除の適用を受けるためには、損失の金額が生じた年(毎年1月~12月)について、確定申告をしておく必要があり、かつ、その後についても継続して確定申告を行なう必要があります。
なお、税率、課税関係は、税法及びその解釈が将来変更される可能性がありますので、詳細は税務署、税理士等の専門家にお問い合わせ下さい。

「くりっく365ラージ」
-「くりっく365」の特徴とメリットはそのまま-

「くりっく365」の主な特徴とメリットである、

  • 有利な価格提供の仕組み
  • スワップポイントは一本値
  • 証拠金の保護・建玉の決済方法
  • 「くりっく365」の「両建て」の特徴
  • 厳格な資格要件を満たした取引参加者(取扱会社)のみが参加

については、「くりっく365ラージ」も同様です。 ただし、既存の「くりっく365」と「くりっく365ラージ」間で建玉の決済はできませんのでご注意ください。 例えば、米ドル・円と米ドル・円(ラージ)間で建玉の決済はできません。

タイトスプレッド

「くりっく365ラージ」は、手数料よりも、タイトなスプレッドを重視する投資家の皆様向けの新商品です。
手数料はかかりますが、タイトなスプレッドで取引することができます。

  くりっく365 くりっく365ラージ
手数料 無料(※1) あり(※2)
スプレッド 「くりっく365ラージ」よりもワイド 「くりっく365」よりもタイト
  • ※1 全ての取扱会社で無料となっているわけではありません。
  • ※2 手数料は取扱業者ごとに異なります。

対円通貨ペアの刻み値を0.1銭に!

「くりっく365ラージ」では、価格の最小刻み値を0.1銭とし、細かな値動きを狙うことができます。

  くりっく365 くりっく365ラージ
最少刻み値 米ドル/円
ユーロ/円
豪ドル/円
0.5銭 0.1銭
英ポンド/円 1銭

1注文の上限枚通は50枚(500万通貨) / 建玉上限なし

「くりっく365ラージ」では、1度に50枚(500万通貨)まで発注することができます。 更に既存の「くりっく365」と同様、取引所で定める建玉の上限はありません。(詳細は取扱会社にご照会下さい。)

くりっく365ラージ 1注文上限枚数

高い約定力(約定拒否・スリッページなし)

「くりっく365ラージ」は既存の「くりっく365」と同様、高い約定力を兼ね備えた商品です。50枚(500万通貨)の大口注文でも約定拒否・スリッページなく約定します。(※3)

※3 ストリーミング注文の場合、注文が取引所に到達する間に為替相場が変動し、投資家の皆様が設定する許容値幅を超えた場合には約定しません。また、発注枚数がMMが提示する数量を超えた部分については、部分約定となる場合もあります。

pagetop